オート共同通信社杯、木村がV 初日から5連勝の完全優勝

 オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ優勝戦(4100メートル、8周、特別G1)は17日、福岡県の飯塚オートレース場で行われ、木村武之(浜松)が2分19秒5(上がり3秒402)で2度目の優勝を果たし、賞金600万円を獲得した。初日から5連勝の完全優勝。

 木村は会心のスタート速攻で最初のコーナーに突っ込み、大本命視されていた鈴木圭一郎(浜松)との先行争いを制した。そのまま快調に逃げ、本大会8回の優勝を誇る永井大介(川口)の猛追を振り切った。鈴木は3着に終わった。

 払戻金は連単が(1)―(4)で6830円、3連単が(1)―(4)―(2)で2万130円。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング