国体、相撲成年個人は城山がV2 第4日、福井

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第4日は2日、大野市エキサイト広場総合体育施設体育館などで行われ、相撲の成年個人は城山聖羅(三重・東洋大)が昨年に続いて優勝した。同団体は新潟が3連覇を達成した。

 団体総合で争う体操の成年は男女とも福井が制覇。卓球の成年女子は福井などが4強による決勝トーナメントに進み、少年女子は愛知などがベスト4入りした。フェンシングのフルーレ少年男子は神奈川、同女子は京都が制した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング