マラソン川内が弱気、練習積めず 大迫は闘志燃やす

 【シカゴ共同】7日のシカゴ・マラソンに出場する有力選手がレース前の5日、シカゴ市内で取材に応じ、4月のボストン・マラソンを制した川内優輝(埼玉県庁)は猛暑の影響で夏場に十分に練習が積めなかったことを明かし「調子は50パーセントぐらい。ベストを尽くすが調子を立て直していく大会になると思う」と弱気な発言だった。

 3位に入った昨年12月の福岡国際マラソン以来のマラソンとなる大迫傑(ナイキ)は、今年2月に同世代の設楽悠太(ホンダ)がマークした日本記録について「すべてがマッチすれば無理な記録ではないが、勝負に徹したい」と静かに闘志を燃やした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング