貴ノ岩関、母国でバッシング 訴訟取り下げに「納得」

 元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、約2400万円の損害賠償を求めた訴訟を取り下げた、被害者の大相撲の平幕貴ノ岩関は30日、福岡市内で取材に応じ、取り下げに納得しているかと問われ「はい」と答えた。代理人弁護士が同日に発表した貴ノ岩関の署名入りの文書は、取り下げの理由として母国モンゴルでのバッシングを挙げている。

 文書ではモンゴルの家族がつらい思いをし、関取自身も耐えられない心境になったと説明。「これからは相撲道にまい進し、相撲で活躍して、私の家族にはモンゴルで平穏な生活をさせたい」としている。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング