女子シングルス決勝は清水―沢柳 テニスの全日本選手権

 テニスの三菱全日本選手権第7日は2日、大阪市のITC靱TCで行われ、女子シングルス準決勝は、ともに初優勝を目指す第1シードの清水綾乃と第15シードの沢柳璃子が勝って決勝に進んだ。清水は村松千裕を6―0、6―2で下し、沢柳は松田美咲を6―4、6―0で退けた。

 混合ダブルス決勝は清水悠太・清水綾乃組が島袋将・沢柳璃子組を下して初優勝。6―2、2―6で迎えたマッチタイブレークを14―12で制した。

 男子シングルス準々決勝では第1シードの伊藤竜馬、第2シードの徳田廉大らが4強入りし、男子ダブルスは清水悠太・羽沢慎治組と仁木拓人・今井慎太郎組が決勝に進んだ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング