韓国野球、ヒルマン氏のSKがV 斗山に5―4で4勝2敗

 韓国プロ野球の王者を決める韓国シリーズは12日、ソウルで第6戦が行われ、元プロ野球日本ハム監督のトレイ・ヒルマン氏が率いるSKが斗山に延長十三回、5―4で勝って対戦成績を4勝2敗として優勝した。

 ヒルマン氏は米大リーグ、ロイヤルズでも監督を務めた経験があり、SKは2017年シーズンから指揮。家族との時間を優先するために今年10月に今季限りで退任すると発表していた。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング