岩手競馬24日レース再開へ 競走馬から禁止薬物検出で休止中

 岩手県内の競馬場で開かれたレースに出走した競走馬4頭から相次いで禁止薬物が検出された問題で、レースを休止していた県競馬組合(管理者・達増拓也県知事)が、24日から再開する意向を固めたことが21日分かった。複数の関係者が明らかにした。

 組合は21日午後に記者会見し、再開を正式発表する見通し。出走予定馬を対象にした薬物検査の実施状況なども説明するとみられる。

 厩舎の監視カメラを増設するなどの再発防止策を実施したほか、抽出検査した馬が全て陰性だったことなどから、組合は再開の条件にしていた公正さが確保できると判断したもようだ。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング