相撲、貴景勝が11勝で首位守る 1差は高安だけ、3敗4人

 大相撲九州場所12日目(22日・福岡国際センター)小結貴景勝が平幕玉鷲を突き落とし、11勝1敗で単独首位を守った。

 大関同士の一番は高安が栃ノ心を上手投げで仕留め、10勝目。栃ノ心は6敗目を喫した。大関豪栄道の休場により、関脇御嶽海は不戦勝で星が五分に戻った。

 2敗だった平幕は碧山が琴奨菊に、大栄翔は阿武咲にそれぞれ敗れた。

 貴景勝を1差で追う2敗は高安だけになり、3敗は大栄翔、隠岐の海、碧山、阿武咲の平幕4人。十両は琴勇輝、照強、水戸龍、友風が3敗でトップに並んだ。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング