阪神、来季の主将に糸原 「チームを盛り上げられれば」

共同通信

 阪神は25日、来季の主将を糸原が務めると発表した。ベテランの福留から大役を引き継ぐ26歳の内野手は、兵庫県西宮市の球団事務所で取材に応じ「まさか自分が、という感じ。まずはレギュラーとして出て、キャプテンとしてもチームを盛り上げられればいい」と決意を述べた。

 島根・開星高から明大、社会人のJX―ENEOSを経て入団2年目の今季は全試合出場を果たし、打率2割8分6厘、1本塁打、35打点とブレークした。矢野監督は「健斗(糸原)にいい意味のプレッシャーを。後ろにはみんなが付いてくれているから」と背中を押している。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング