元貴乃花親方に功労金支給へ 評議員会で決議、数千万円か

 日本相撲協会は11日、東京都墨田区の両国国技館で評議員会を開き、10月に退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏へ退職金と功労金を支給することを決議した。協会規定に沿った金額が支払われる見通し。退職金は約1千万円となり、功労金は個人情報を考慮して公表されない。原則として功労金は退職金を超えるため、数千万円とみられる。

 花田氏は相撲協会理事を4期務め、総合企画部長や審判部長などの要職を歴任。ただ協会関係者によると、3月の春場所で弟子が暴行問題を起こした監督責任などを問われ、降格処分を受けた点も審議されたという。

PR

PR

注目のテーマ