将棋、羽生は100期か無冠か 20日から竜王戦最終局

 将棋の羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦している第31期竜王戦7番勝負の第7局は20、21の両日、山口県下関市で指される。羽生竜王は最終局で勝てば前人未到のタイトル通算100期獲得、負けると27年ぶりに無冠となる。

 羽生竜王は1989年、初タイトルの竜王を奪取。翌年、初防衛はならなかったが、91年3月に棋王を奪い、その後はいずれかのタイトルを保持し続けている。昨年12月には竜王を奪取、自身の通算タイトル獲得記録を99期に更新。この7番勝負で夢の大台が懸かる。

 広瀬八段は、初の竜王奪取を目指す。竜王戦は2日制で持ち時間は各8時間。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング