中大の堀尾が日本男子最高の5位 東京マラソン、大迫は棄権

 東京マラソンは3日、東京都庁前から東京駅前のコースで行われ、男子は堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒で日本人最高の5位だった。24歳のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝。日本記録保持者の大迫傑は29キロ付近で棄権した。

 堀尾と9秒差で6位の今井正人、7位の藤川拓也、8位の神野大地までの4人が9月に行われる2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場を決めた。

 女子はルティ・アガ(エチオピア)が2時間20分40秒で制し、初マラソンの一山麻緒が2時間24分33秒で日本勢最高の7位。前田穂南は12位。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング