競泳渡辺一平、CSから帰国 「危機感ある」

 競泳のチャンピオンズシリーズ第1戦に出場した男子200メートル平泳ぎの世界記録保持者、渡辺一平(トヨタ自動車)が29日、開催地の中国・広州から羽田空港に帰国し、優勝したアントン・チュプコフ(ロシア)から1秒85遅れの3位に終わった結果に「危機感がある」と表情を引き締めた。

 直接対決で屈し、火が付いた様子。世界選手権(7月・韓国)に向け「このままではいい結果が出せない。しっかり強化していきたい」と覚悟を口にした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング