サッカー女子、W杯代表が出場 菅沢「チームの力に」

試合後の壮行セレモニーで写真に納まる(左から)浦和の南、池田、菅沢=11日、浦和駒場 拡大

試合後の壮行セレモニーで写真に納まる(左から)浦和の南、池田、菅沢=11日、浦和駒場

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグは11日、第8節3試合が各地で行われた。ワールドカップ(W杯)日本代表メンバー発表後最初の試合で、3人が選出された浦和はホームで千葉に0―2で敗れた。試合後には壮行セレモニーが開かれ、2大会連続出場となるFW菅沢は「チームの力になれるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 優勝した昨年のU―20(20歳以下)W杯で主将を務めたDF南は「U―20の時よりも注目度の高さを感じる。いい結果を残して日本の女子サッカーを盛り上げたい」と抱負を述べた。

PR

PR

注目のテーマ