原口のハノーバーなど降格 サッカー、ドイツ1部

 【ハノーバー(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで11日、原口元気と浅野拓磨のハノーバーと、久保裕也のニュルンベルクの17位以下が確定し、2部リーグへの降格が決まった。

 ハノーバーはホームでフライブルクに3―0で勝ったが、16位のシュツットガルトも勝ったため1部残留の可能性がなくなった。原口はフル出場し、浅野はベンチ外。ニュルンベルクはボルシアMGに0―4で敗れ、久保に出番はなかった。

 ブレーメンの大迫勇也はアウェーのホッフェンハイム戦にフル出場し、1―0で勝った。デュッセルドルフの宇佐美貴史は敵地で2―3と敗れたドルトムント戦でベンチ外だった。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ