桑田氏、PLのOBチームで先発 マスターズ甲子園、2回戦突破

 元高校球児が再び甲子園の舞台を目指して争う「マスターズ甲子園2019」の大阪予選に出場しているPL学園高チームが12日、プロ野球巨人などで活躍したOB会長の桑田真澄氏(51)を擁して堺市内で春日丘高OBとの2回戦に臨み、14―9で快勝した。桑田氏は「昔の仲間と一緒にPLのユニホームを着て野球ができて、うれしかった」と頬を緩めた。

 「4番・投手」で先発した桑田氏は一回に先取点を許したが、カーブなどを駆使して最少失点で切り抜けた。二回は遊撃の守備に就いた。

 PL学園高は甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇るが、現在は休部している。