小西、王者とも予備検診異常なし IBFライトフライ級世界戦

調印式後ポーズをとるIBFライトフライ級挑戦者の小西伶弥(右)と王者のフェリックス・アルバラード=17日、神戸市 拡大

調印式後ポーズをとるIBFライトフライ級挑戦者の小西伶弥(右)と王者のフェリックス・アルバラード=17日、神戸市

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ(19日・神戸ポートピアホテル)の予備検診が17日、神戸市内で行われ、挑戦者の小西伶弥(真正)、チャンピオンのフェリックス・アルバラード(ニカラグア)とも異常なしと診断された。

 2度目の世界戦となる小西は、身長163・5センチでアルバラードより0・5センチ高かった。リーチは王者が173センチで8センチ上回っているが、小西は調印式後の記者会見で「リーチが長いからといって距離を取るわけじゃない。自分のボクシングをリングの上で出すだけ」と力強く話した。

PR

PR

注目のテーマ