鶴竜、栃ノ心が7戦全勝 2大関安泰、朝乃山が1敗

 大相撲夏場所7日目(18日・両国国技館)一人横綱の鶴竜は千代大龍を一気に寄り切って、7戦全勝とした。1場所での大関復帰を目指す関脇栃ノ心も琴奨菊を寄り切って7連勝。

 2大関はそろって安泰。豪栄道は玉鷲、高安は大栄翔を押し出して、ともに4勝目を挙げた。関脇逸ノ城は5敗目。

 全勝の鶴竜と栃ノ心を、ただ一人の1敗で平幕朝乃山が追う展開。十両は貴源治が7戦全勝で単独トップを守った。

 右膝負傷で5日目から休場した新大関貴景勝の再出場が決定。8日目に小結碧山と対戦する。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ