長谷部フル、欧州L出場圏 バイエルン7連覇、独1部

共同通信

 【ミュンヘン共同】サッカーのドイツ1部リーグは18日、各地で最終戦が行われ、長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトは敵地でバイエルン・ミュンヘンに1―5と大敗した。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位には届かず、7位で欧州リーグ予選への出場権を得た。長谷部はフル出場した。Bミュンヘンは勝ち点78で7連覇を達成した。通算29度目の優勝。

 ブレーメンの大迫勇也はホームのライプチヒ戦で後半29分までプレーした。チームは2―1で勝って8位。

 原口元気と浅野拓磨のハノーバーは敵地で宇佐美貴史のデュッセルドルフに1―2で敗れた。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ