サッカー、香川は後半途中退く

共同通信

 【イスタンブール共同】サッカーのトルコ1部リーグで24日、ベシクタシュの香川真司は今季最終戦となるホームのカスムパシャ戦に先発し、得点には絡まずに後半35分に交代で退いた。チームは3―2で勝って3位でリーグ戦を終えた。

 既に優勝を決めていたガラタサライの長友佑都は敵地で3―4と敗れたシワススポル戦でベンチ外だった。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ