初出場の沖縄SV、2回戦へ

共同通信

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は26日、ありがとうサービス夢スタジアムなどで1回戦15試合が行われ、元日本代表FWの高原を擁し、今大会唯一初出場の沖縄SVが松山大(愛媛)に2―0で快勝し、2回戦へ進んだ。高原が先制点を奪った。

 日本代表に初選出された上田が先発したアマチュアシードの法大はブリオベッカ浦安(千葉)を1―0で、明大(東京)はJ3の秋田を3―0で破った。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ