横審、平幕Vの朝乃山を高く評価

共同通信

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は27日、東京・両国国技館で定例会合を開き、夏場所で初優勝した平幕朝乃山を高く評価した。矢野弘典委員長は「素晴らしい。これをきっかけに誰もが認める実力をつけて脱皮してほしい」と期待した。

 また、物言い後の審判長による場内説明について、正確に行うことを八角理事長(元横綱北勝海)に要望した。今場所は勝った力士のしこ名や、東と西を間違える例が何度もあった。分かりやすい判断理由の説明を求める意見もあり、矢野委員長は「審判は絶対の存在。権威を高めて、判断の信頼性を高めるためにも、しっかり説明してほしい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ