オ3―1ソ(28日)

共同通信

 オリックスは三回、小田の適時打で先制。五回に吉田正の犠飛と中川の適時打で2点を追加した。山本が7回6安打無失点で3勝目。ソフトバンクは今季初登板の二保が4回1失点と粘ったが、打線が援護できず、2位に転落した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ