イニエスタのアカデミー開校へ

共同通信

 J1神戸の元スペイン代表MFイニエスタの技術やサッカーに対する考え方を伝えるアカデミーの内容が29日、6月の開校に先駆けて堺市で報道関係者に公開された。練習を見守ったイニエスタは「一番大事なのは楽しんでサッカーをすること」と語った。

 招待された堺市の小学3、4年生の男女約50人が、ドリブルやパスの練習で汗を流した。練習前にはイニエスタが、自身の子ども時代についての質問を受け「常に成長できることがあるんじゃないかと思いながら練習に向き合った。成長するためにいろんな失敗もした」と答えた。

 アカデミーは楽天が運営し、堺市と兵庫県尼崎市で6月23日に開校予定。

PR

PR

注目のテーマ