ソフトB入りの米投手が会見

共同通信

 【ニューポートビーチ(米カリフォルニア州)共同】6月の米大リーグ、ドラフト会議の上位指名候補ながらプロ野球ソフトバンク入りを決めたカーター・スチュワート投手(19)が30日、カリフォルニア州ニューポートビーチで記者会見に臨み「(当初は)米国のアマチュア選手にとって一般的なことではないので、びっくりはした。でも、考えれば考えるほど素晴らしい機会だと思った」と語った。

 160キロに迫る直球が武器の右腕は昨年、ブレーブスにドラフト1巡目指名されたが、身体検査での手首の問題で契約金を減額され、入団に至らなかった。

 6月3日に福岡市内で入団会見を行う。

PR

PR

注目のテーマ