サッカー改正規則、6月1日から

共同通信

 サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)が3月に決めた改正規則が、6月1日から有効となる。ハンドの基準が明確になり、意図的でなくても手や腕に当たったボールが得点や決定機につながれば反則となることや、FKで攻撃側の選手が守備側の「壁」を妨げることを禁止することなどが盛り込まれている。

 ハンドに関しては偶発的なものでも「ボールが手や腕に触れた後にボールを保持またはコントロールして得点する、得点の機会をつくり出す」「手や腕が肩の位置以上の高さにある」など状況次第で反則になると規定した。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ