初Vの朝乃山、稽古再開

共同通信

 大相撲夏場所で初優勝した平幕朝乃山が3日、東京都墨田区の高砂部屋で名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた稽古を再開した。「優勝のことは忘れて、一からやる気持ちで15日間に臨みたい。平常心で、目の前の一番に集中して自分の相撲を取りたい」と意欲を新たにした。

 この日は四股を踏んで汗を流した。初の上位総当たりが確実な来場所を見据え「立ち合いの1歩目が大事になる。相手が力を出す前に、自分が出ていきたい」と課題を挙げた。

PR

PR

注目のテーマ