クラブW杯をテスト大会に

共同通信

 【パリ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は3日、パリで理事会を開き、2019年と20年のクラブワールドカップ(W杯)を22年W杯開催国のカタールで実施すると発表した。W杯前年に行われてきたコンフェデレーションズカップが廃止されるため、クラブW杯がW杯本大会のテストを兼ねて行われる。

 この2大会は各大陸連盟のクラブ王者に開催国枠を加えた7チームが出場する現行方式で争われる。21年大会からは24チームが参加して4年に1度行う形への改編が決まっており、10月の次回理事会で開催国の候補が提示される。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ