なでしこ、初戦へ調整開始

共同通信

 【パリ共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で2大会ぶりの優勝を目指す日本代表「なでしこジャパン」は5日、1次リーグD組のアルゼンチン戦(日本時間11日未明)が行われるパリの近郊で初戦に向けた調整を開始し、約2時間汗を流した。

 選手の組み合わせを変えながら、熊谷(リヨン)らが7対7で攻撃の組み立て方を入念に確かめた。状態が万全でない阪口と小林(ともに日テレ)、平尾(新潟)は別メニューだった。

 大会は7日午後9時(日本時間8日午前4時)にパリで行われる1次リーグA組のフランス―韓国で開幕する。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ