18歳の久保建英らが宮城で調整

共同通信

 サッカー日本代表は7日、エルサルバドルとの国際親善試合(9日)に向け、試合会場のひとめぼれスタジアム宮城で調整した。冷たい雨の下で一般にも公開された練習では、18歳の久保建(FC東京)や、原口(ハノーバー)らがボール回しやミニゲームに取り組み、試合に備えた。

 シュミット(仙台)と守田(川崎)を除く5日のトリニダード・トバゴ戦先発メンバーは軽めのメニューで、疲労回復に努めた。香川(ベシクタシュ)は左股関節の違和感、槙野(浦和)は首の張りのため、全体練習には不参加だった。

PR

PR

注目のテーマ