ヤ9―4オ(9日)

共同通信

 ヤクルトが快勝した。3―3の六回に村上の16号2ランと青木の2点適時打で4点を勝ち越すと八回には中山の2点適時打で突き放した。2番手の近藤が2勝目を挙げた。オリックスは打線が粘ったが、4番手の小林が四球から崩れた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング