カリーナ重賞初V 【川崎】

友好紙

 第55回関東オークス(Jpn2・2100メートル)が12日、川崎競馬場の第11Rで行われ、単勝4番人気のラインカリーナが快勝した。逃げの手を打ち、そのままマイペースで運んで後続の追撃を振り切った。勝ち時計は2分17秒7で、重賞初勝利。2馬身差の2着に1番人気のマドラスチェックが入り、JRA勢がワンツーを決めた。勝った武藤雅騎手(21)=美浦・水野=は重賞初勝利、武藤善則調教師(52)=美浦=はこのレース初勝利。南関東牝馬三冠を狙ったトーセンガーネットは大差の3着だった。

PR

PR

注目のテーマ