マラドーナ氏が監督辞任

共同通信

 サッカーのアルゼンチン代表の元スター選手、ディエゴ・マラドーナ氏(58)が健康上の理由でメキシコ2部リーグ、ドラドスの監督を辞任することが13日、分かった。同氏の代理人がツイッターで明かした。

 マラドーナ氏は昨年9月に監督に就任し、1部昇格に迫るなど指導力を発揮。今後は健康回復に専念し、肩と膝の手術を受けるという。(AP=共同)

PR

PR

注目のテーマ