J1神戸の新監督、15日初指揮

共同通信

 J1神戸のトルステン・フィンク新監督が14日、神戸市内で初めて報道陣の取材に応じ「素晴らしいクラブのリーダーとして仕事ができることを光栄に思っている。神戸のために24時間働きたい」と意気込みを示した。就労環境が整い、15日に行われるJ1のFC東京戦から指揮を執る。

 攻撃的なパスサッカーを理想とする神戸と「アイデアが似ていた」ことが監督就任の決め手という。「スタジアムに来た方が満足できるようなサッカーがしたい。みんなでいいチームをつくれると確信している」と自信を示した。

 8日に就任が発表されてから、選手を直接指導する機会がないままFC東京戦に臨む。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ