サッカー、久保建ら戦術を確認

共同通信

 【サンパウロ共同】サッカーの南米選手権で17日(日本時間18日)にチリとの1次リーグC組初戦を迎える日本代表は14日、サンパウロで大半を非公開として戦術を確認した。公開された冒頭では、J1のFC東京からレアル・マドリード(スペイン)への移籍が決まった18歳の久保建や岡崎(レスター)らがランニングなどで体を温めた。

 チリは大会3連覇を狙う強敵。トップレベルの相手との一戦に向け、久保建は「そこで自分のプレーを出すことができれば自信になる。日本はちょっと軽く見られているかなと思うので、むしろ初戦がチャンス」と意気込んだ。

PR

PR

注目のテーマ