サッカー、日本の相手はオランダ

共同通信

 【ランス(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第14日は20日、ランスなどで1次リーグ最終戦が行われ、E組でオランダがカナダを2―1で下して3連勝で1位となり、25日(日本時間26日)の決勝トーナメント1回戦で日本と対戦することが決まった。両チームは前回大会の1回戦でも当たり、日本が2―1で競り勝った。

 F組では前回覇者の米国がスウェーデンを2―0で下して3連勝で首位通過し、スウェーデンは2勝1敗で2位。各組3位の上位4チームも確定し、16強が出そろった。

PR

PR

注目のテーマ