MLB

大谷が最長距離でキャッチボール

共同通信

 【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が20日、トロントで行われたブルージェイズ戦前にキャッチボールで80球を投げ、距離は昨年10月の右肘手術後最長となる160フィート(約49メートル)となった。これまでは150フィートだった。

 大谷は当初の予定通り6日以降、キャッチボールを控えたが、再開した18日に最長60フィートを投げていた。今季は打者に専念して投打の「二刀流」を封印し、来季の投手復帰を目指している。

PR

MLB アクセスランキング

PR

注目のテーマ