MLB

レイズ、ダブル本拠地制を検討

共同通信

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)が20日、ニューヨークでオーナー会議を開き、ロブ・マンフレッド・コミッショナーは記者会見でレイズがモントリオールとのダブルフランチャイズ制を検討していると発表した。

 前半は現在の本拠地セントピーターズバーグ、後半はモントリオールでホームゲームを開催する案で、開始時期など詳細は未定。レイズは昨季の1試合平均観客数が全30球団中29番目で、MLBが改善策を模索することを認めた。モントリオールはエクスポズ(現ナショナルズ)が1969年~2004年に本拠地を置いていた。

PR

PR

注目のテーマ