交流戦、ソフトB松田宣がMVP

共同通信


                  左からソフトバンクの松田宣浩内野手、中日の柳裕也投手、ロッテの鈴木大地内野手
                  
                拡大

左からソフトバンクの松田宣浩内野手、中日の柳裕也投手、ロッテの鈴木大地内野手

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦の表彰選手が26日に発表され、最優秀選手(MVP)に打率3割4分8厘、7本塁打、14打点をマークしたソフトバンクの松田宣浩内野手が初選出された。賞金200万円が贈られる。

 セ、パ両リーグから1人ずつ選ばれる日本生命賞(賞金100万円)には、セが3試合に登板して3勝を挙げ、防御率トップの1・17をマークした中日の柳裕也投手、パは打率3割6分8厘、17打点でサヨナラ打も放ったロッテの鈴木大地内野手が選ばれた。

 記者会見に臨んだ松田宣は「素直にうれしい気持ちでいっぱい。とにかく積極的にスイングをかけたのが良かった」と声を弾ませた。

PR

PR

注目のテーマ