西7―0オ(29日)

共同通信

 西武は一回、1番秋山の安打を足場に2番源田の適時三塁打と3番外崎の適時二塁打で2点を先制した。その後も金子侑の2ランなどで加点。本田が6回無失点で約2カ月ぶりの3勝目。オリックスは零敗を喫し、連勝が5で止まった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ