MLB

大リーグ、田中6失点で最短降板

共同通信


                  欧州初の公式戦となったレッドソックス戦に先発したヤンキースの田中=29日、ロンドン(ロイター=共同)
                拡大

欧州初の公式戦となったレッドソックス戦に先発したヤンキースの田中=29日、ロンドン(ロイター=共同)


                  アストロズ戦に先発し、5回を6安打5失点だったマリナーズ・菊池=ヒューストン(共同)
                
                  アスレチックス戦の1回、遊ゴロに倒れるエンゼルス・大谷。投手アンダーソン=アナハイム(共同)

 【ロンドン共同】米大リーグは29日、各地で行われ、ヤンキースの田中が欧州初のメジャー公式戦となったロンドンでのレッドソックス戦に先発し、1本塁打など4安打6失点、2四球でプロ最短の2/3回で降板した。勝敗は付かなかった。

 マリナーズの菊池はアストロズ戦に先発し、5回を6安打5失点、5三振4四死球で勝敗が付かなかった。

 エンゼルスの大谷はアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打、2三振だった。

 ダイヤモンドバックスの平野はジャイアンツ戦で4―0の九回無死一塁から4番手で登板し、0/3回を無安打1失点で勝敗は付かなかった。

PR

PR

注目のテーマ