J1、川崎が2位に浮上

共同通信

 明治安田J1第17節最終日(30日・ヤマハスタジアムほか=7試合)川崎は小林らの得点で磐田を3―1で下し、勝ち点31で2位に浮上した。磐田は最下位に後退。神戸はビジャとイニエスタが2ゴールずつ決め、名古屋を5―3で破った。

 鳥栖は今夏での引退を表明したフェルナンドトーレスが2点を決めるなど清水を4―2で退けた。大分は浦和に2―0で快勝して6試合ぶりの勝利を挙げ、鹿島と広島は2―2で引き分けた。C大阪は湘南に、仙台は札幌に勝った。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ