大関貴景勝、相撲取って意欲示す

共同通信

 大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)へ向け、右膝に不安を抱えるかど番の大関貴景勝が2日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で、名古屋入り後初めて相撲を取った。「自分としてはすごく良かった。怖さもなかった」と収穫を強調したが、出場が不透明な現状を打破する内容とまではいかなかった。

 幕下以下の力士と5番取り、相手の押しを右足で踏ん張って残すなど感触を確かめた。体の反応や押し込む力の伝わり具合に手応えをつかみ「段階を踏んでやってきた。これだったら問題ない」と見通しを話した。

PR

PR

注目のテーマ