女子W杯、オランダ初の決勝進出

共同通信

 【ロンドン共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第23日は3日、リヨンで準決勝の1試合が行われ、オランダがスウェーデンを延長の末に1―0で下して初の決勝進出を果たした。7日(日本時間8日)に2大会連続4度目の優勝を狙う米国と対戦する。

 2017年欧州選手権覇者のオランダは延長前半9分に決勝点を奪った。2大会ぶりの準決勝進出だったスウェーデンは6日(同7日)にイングランドとの3位決定戦に臨む。

PR

PR

注目のテーマ