阪神とロッテでトレード

共同通信

 阪神の石崎剛投手(28)とロッテの高野圭佑投手(27)のトレードが両球団で合意に達したことが4日、関係者への取材で分かった。同日午後にも発表される。

 石崎は茨城・三和高から新日鉄住金鹿島(現日本製鉄鹿島)を経て、2015年にドラフト2位で阪神に入団。17年には26試合で1勝1敗、防御率1・17の成績を残し、日本代表にも選ばれた。救援で通算58試合に登板し、防御率3・00。

 高野は広島・呉工高―四国学院大、JR西日本と進み、16年にドラフト7位でロッテに入団した。通算41試合で2勝0敗、防御率6・85。今季は2試合の登板にとどまっていた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ