セは山口ら、パは鈴木らがMVP

共同通信

 セ、パ両リーグは9日、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは巨人の山口投手と阪神の糸井外野手、パはソフトバンクの千賀投手とロッテの鈴木内野手が選ばれた。山口は通算5度目、糸井と千賀は3度目で、鈴木は8年目で初受賞。

 山口はともにリーグトップの4勝(0敗)、防御率0・77をマークし、3、4月に続いて今季2度目の選出。糸井は打率3割5分4厘、得点圏打率5割8分8厘がリーグ最高で、日本ハム時代の2012年9月以来、阪神移籍後初。

 千賀は3勝1敗でリーグトップの31三振を奪い、5月に続き2カ月連続の受賞。鈴木は3割4分4厘、7本塁打など勝負強さが光った。

PR

PR

注目のテーマ