川崎氏が台湾プロ野球でコーチに

共同通信

 【台北共同】プロ野球ソフトバンクや米大リーグで活躍した川崎宗則氏が台湾プロ野球に復帰する味全の客員コーチに就任すると台湾紙、自由時報(電子版)が10日、伝えた。川崎氏が選手として日米で人気を博したとして「台湾のファンは川崎氏の雄姿を目の当たりにできる」とした。

 2018年3月に体調不良でソフトバンクを退団した川崎氏は、00年にダイエー(現ソフトバンク)入りし、06、09年にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本の2連覇に貢献。12年に渡米し、大リーグ3球団でプレーして17年にソフトバンクに復帰した。

PR

PR

注目のテーマ