巨人、ソフトバンクが首位ターン

共同通信


                  阪神に勝利し3連勝。今村に声を掛ける巨人・原監督(左)=甲子園
                拡大

阪神に勝利し3連勝。今村に声を掛ける巨人・原監督(左)=甲子園

 プロ野球は10日、オールスター戦を前に最後の6試合が行われ、セ・リーグは巨人が5年ぶりに、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりに首位で折り返した。

 巨人は阪神に4―1で快勝し、中日は広島を2―1で、ヤクルトはDeNAを7―2で下した。西武がソフトバンクに7―3で、ロッテは日本ハムに5―0で勝った。オリックスが楽天に延長十回、7―6で競り勝った。

 マイナビオールスターゲーム2019は第1戦が12日に東京ドームで、第2戦は13日に甲子園球場で開催される。後半戦はセ、パ両リーグともに15日にスタートする。

PR

PR

注目のテーマ