大関栃ノ心、来場所かど番に

共同通信


                  栃ノ心
                拡大

栃ノ心

 大相撲名古屋場所を休場中の西大関栃ノ心(春日野部屋)が9月の秋場所を通算3度目のかど番で迎えることが7日目の13日、決まった。この日発表された8日目の取組に入っておらず、負け越しが決まったため。

 右膝と左肩に故障を抱えている31歳の栃ノ心は初日から5連敗を喫し、6日目(12日)から休場した。3月の春場所で負け越して関脇に転落。5月の夏場所で10勝したため、今場所から大関に復帰したばかりだった。

 日本相撲協会に提出した診断書によると、約1カ月間の休養加療を要する見込みとなっている。

PR

PR

注目のテーマ