広8―5D(15日)

共同通信


                  1回広島無死満塁、鈴木が左翼線に先制の2点二塁打を放つ=横浜
                拡大

1回広島無死満塁、鈴木が左翼線に先制の2点二塁打を放つ=横浜

 広島が連敗を11で止めた。一回に鈴木の2点二塁打や松山の適時打などで4点を先制。三回には会沢と安部の適時打で2点を奪った。九里が6回3失点で4勝目を挙げた。DeNAは井納が3回6失点と誤算だった。

PR

PR

注目のテーマ